新しい住居を建てる場合

賃貸併用住宅の建て方

賃貸併用住宅は新築で建てると良い?

賃貸併用住宅は、家賃収入で住宅ローンの負担を抑えることができます。そのため、住宅ローン返済に追われるのは嫌だという方からも人気を集めています。

しかし、賃貸併用住宅は建てるまでがなかなか大変。新築で建てる場合の資金面が不安で、購入を決めきれないという方もいるでしょう。

そこで今回は、賃貸併用住宅を新築で建てる際の費用と、注意点を解説していきます。新築の場合にはどれくらいのお金がかかるのか、また新築を建てる時にはどんなポイントに気をつければ良いのか、このページを読めばすべてわかります。

賃貸併用住宅の購入を検討している方は、ぜひこのページを読んで、新築で賃貸併用住宅を建てるポイントを確認してみてくださいね。

 

 

費用の目安はどれくらい?

賃貸併用住宅は、家賃収入で住宅ローンの返済負担を抑えられるメリットを持った住まいです。しかし、そもそも賃貸併用住宅を新築で建てるにあたって、建築費が高くなってしまう点がネックだという方も多いでしょう。

というのも、賃貸併用住宅を新築で建てる場合には、土地代と建築費の両方がかかります。賃貸併用住宅の場合、賃貸物件として複数の住居を作る必要があるため、費用が一般的な間取りの新築戸建てよりもかなり高額になってしまうのです。

だからといって、建築費を抑えるために中古で賃貸併用住宅を購入しようと思っても、なかなか難しいのが実情。賃貸併用住宅は、不動産投資用のアパートと同じように、オーナーにとって利益のある収益物件のため、普通は手放す理由がありません。そのため、中古の賃貸併用住宅はあまり市場に出回らず、あったとしてもすぐに売れてしまうことが大半です。

このような理由があるため、中古の賃貸併用住宅を購入することはあてにせず、新築で賃貸併用住宅を建てて削れるコストを削っていくのが現実的な方法と言えるでしょう。

では、実際に新築で賃貸併用住宅を建てるとして、その際にかかる費用はどれくらいなのでしょうか新築の賃貸併用住宅にかかる購入費用は、主に建物の建築費と土地代に分けることができます。それぞれの相場を見ていきましょう。

 

新築の賃貸併用住宅の建築費相場

新築で賃貸併用住宅を建てる費用の目安は、1坪あたりの金額から想定することができます。

たとえば、一般的な木造建築の賃貸併用住宅の場合、1坪あたり60万円~80万円が相場です。3階建ての間取りで床面積が合計60坪の新築の賃貸併用住宅だと、少なくとも建築費だけで3600万円はかかることになります。

一般的な間取りの一戸建て住宅では、新築で建てようとすると1坪あたり40万~60万円ほど。賃貸併用住宅は、賃貸用の部屋ごとにトイレやキッチンなどの設備を用意しなければいけないため、通常の新築戸建てと比較すると建築費用がかかるのです。

賃貸併用住宅を新築で建てる費用を抑えるには、設備や建築素材について安いものを選ぶことが一番に挙げられます。しかし、あまりに安いものを選ぶのは、家の住みやすさを損なってしまうため、注意が必要です。

 

賃貸併用住宅に適した土地代の相場

賃貸併用住宅を新築で建てる際、費用の多くを占めるのは土地代です。

実は、建築費自体は、どこで建てても住居の構造や間取りが同じであれば変わりません。しかし、土地代は場所によって非常に大きく変わります。そのため、賃貸併用住宅を新築で建てる際のコスト面のポイントは、土地代と言っても過言ではありません。

たとえば、東京都の平均地価は、1坪あたり362万円ほど。一方、埼玉県では1坪あたり52万、神奈川県では1坪あたり82万円です。東京都の地価は一部の地域が非常に高額なため平均値も高水準になっている面がありますが、それを考慮したとしても、他の県と比べて東京都の地価は高いと言えるでしょう。

場所が違うだけでこんなにも地価が変わるため、なるべく地価の安い場所で土地を探すことが新築のコストを抑える方法につながります。場所のこだわりがないのであれば、予算と相談しつつ東京都以外で土地を探すことがおすすめです。

 

賃貸併用住宅を新築で建てる際の注意点

さて、賃貸併用住宅を新築で建てる場合には、設備や建築素材を安価に抑え、土地も地価が低い場所で探すことがポイントでした。

しかし、新築のコストを抑えるには、いくつか注意点があります。ここでは、主に2つに分けて注意点を説明していきます。

 

設備の品質は最低限保つべき

1つ目の注意点は、新築の賃貸併用住宅に備え付ける設備についてです。

先ほど説明したとおり、新築の賃貸併用住宅のコストを安く抑えるには、設備や建築素材を安価なものにする方法があります。しかし、安いけれど品質もいまいちなものを買うのは、かえってオーナーが負担する費用が増える原因にもなってしまうことを覚えておかなければいけません。

というのも、設備は時間が経つごとに消耗し、古くなれば修理や買い替えが必要になります。エアコンやトイレ、キッチンなど、物件と一体になっている初期設備については、入居者が故意に壊した場合などを除き、修理費や買い換えるための費用を大家が負担することになるのです。

新築の際に安い設備を設置したがために、消耗が早くすぐに修理が必要になることは十分にあり得ます。そのため、新築で建てる時に安さだけを重視して設備を買うということは、後々の出費が増えることと同じだと思っておいた方が良いのです。

また、設備の良し悪しは、賃貸物件に入居希望者が集まるかどうかを左右するポイントでもあります。入居者の心理として、設備が充実していない場所よりも、しっかりとした使いやすい設備が揃っている部屋の方が良いと思うのは当然です。

賃貸物件の設備は、家賃収入を得られるか得られないかに関わる重要事項。新築で建てる最初の段階である程度のお金をかけることは、必要な投資だと言えるでしょう。

だからと言って、絶対に高い設備を買わなければいけないわけではありません。もちろん、安くて品の良いものはたくさんあります。ポイントは、入居する人に「住みやすい」と思ってもらえるような、最低限の品質を保った賃貸物件を作ることです。

どのような設備が良いのか迷う場合には、賃貸管理のプロである不動産会社に相談してみましょう。最低限守るべき品質のラインや、おすすめの住宅設備メーカーなどを、実例を踏まえてアドバイスしてくれるはずです。

 

新築は土地選びが家賃収入につながる

新築で建てる際の2つ目の注意点は、土地選びです。この「土地選び」が、賃貸併用住宅においては非常に大切。その理由として、土地選びは新築で建てたあとの賃貸併用住宅の入居率に大きく関わることが挙げられます。

賃貸併用住宅で家賃収入を得るためには、最初の段階で入居希望者が集まりやすい土地を選ばなければなりません。せっかく費用をかけてきれいな賃貸物件を作っても、駅から遠く、周囲に何もないようなところでは、入居希望者は集まらないでしょう。

入居者が集まるのは、利便性の良い駅近エリアや都心に出やすい市街地、学生の集まる大学近辺のエリアなどです。新築の賃貸併用住宅を建てるには、このような場所を選んで入居者を確保することを考えて建築プランを立てることが必要です。

どんな土地なら人が集まりやすいのか、また賃貸物件として運営していきやすいのかという点は、不動産会社に相談することをおすすめします。新築の賃貸併用住宅を手がけた実例の豊富な不動産会社であれば、賃貸併用住宅に向いた土地を探すことにも精通しているはずです。

一方で、賃貸併用住宅はオーナー自身の自宅にもなるのです。そのため、不動産会社に任せてばかりではなく、自分も住むという目線で土地を見定めるようにしましょう。

 

新築の賃貸併用住宅はコストをかけて後で回収しよう

今回説明してきたとおり、賃貸併用住宅を新築で建てる場合には、普通の新築一戸建てよりも費用が高額になるケースがほとんどです。新築の建築費を抑えるために、設備にあまり費用をかけない方法も検討できますが、その場合でも最低限の品質は保っておくことが必要です。

また、賃貸併用住宅を新築で建てる際の最大のポイントは、建てたあとの家賃収入まで考えて「入居希望者が集まる賃貸併用住宅を作る」という点。そのためには、入居者が集まりやすい土地を選び、住みたいと思ってもらえるような部屋づくりをすることがポイントです。

賃貸併用住宅は、土地選びからきちんと考えてシミュレーションをしながら建てれば、家賃収入で住宅ローン返済をぐっと抑えられる、家計の強い味方になってくれるお家です。

 

新築で建てる場合にはコスト面が気になるところではありますが、建てる段階である程度のお金をかければ、その分利回りを良くすることができ、あとでしっかりと建築費用を回収できるのです。賃貸併用住宅の新築プランを立てる時には、必要な費用は惜しまないという考えでいた方が良いでしょう。

 

 

PAGE TOP